作者別: masterad_greenernashville

亀頭増大術のアフターケアについて

男らしく、大きく張った亀頭にしたいという人に人気がある亀頭増大術は、ハリと硬さを出し、刺激にも強くなる施術です。
小さな亀頭は、刺激に弱く敏感なことが多いのですが、大きくすることで感覚を抑えやすくなるため早漏防止にも効果が期待できます。
亀頭増大は、メスで切らずに注射器を使ってヒアルロン酸を注入するだけなので傷跡が残らず、痛みもほとんどないことが特徴です。
女性のほうれい線などを目立ちにくくするプチ整形と同じ方法なので、気軽に受けることができる施術になります。
施術時間はわずか5分ほどと短く、ダウンタイムもほとんどありません。
亀頭増大の施術を受けた後のアフターケアは、ほとんど必要が無く、施術当日から入浴することができます。
当日はあまり触らない方が良いのですが、翌日からは入浴時に清潔にすることが大切です。
飲酒や激しい運動は数日間控えることが望ましく、マスターベーションやセックスは数日から1週間程度は控えるようにしましょう。
ヒアルロン酸は、体内にもともとある物質なので安全性が高く、時間がたつと自然に体に吸収されて亀頭の大きさも元に戻っていきます。
大きさが小さくなってきたら、ヒアルロン酸注入を行うアフターケアをすることで、亀頭の大きさと自信をキープすることができます。

亀頭増大手術の術後の痛みについて

男性と女性を大きく分ける性器については、社会生活のとの関わりも多く様々の事が言われています。男性器と女性器が大きく異なる点としては、その外形と体外への露出があります。
女性器は体内に潜り込む袋状にできているの対し、男性器は体外に露出する棒状の形態をとっています。
この様に男性器と女性器の形態は大きく異なりますのでそれぞれ特有の問題が出てきます。
男性器について述べると、構造的には棒状の陰茎の先に亀頭と呼ばれる部分あります。
幼年期には、この亀頭の部分は陰茎の薄い皮の包皮により包まれて保護されていますが、体の成長に伴い伸長し通常は亀頭は包皮から飛び出る形で露出します。
しかし、中には成人になっても亀頭が包皮包まれた包茎の状態のままの方もおられます。
この様な状態を包茎と呼びますが、著しい場合には治療をして亀頭を露出させる必要がある場合があります。
ただ、そう症状がひどくない場合には適宜自分で包皮を剥いて亀頭を露出させる事が推奨されています。
しかし、すぐに元に戻ってしまう事が多く根本的な治療にはなりません。
その様な際には、亀頭増大手術を行う事が推奨されます。
亀頭増大手術とは、亀頭部にヒアルロン酸など注入する事により大きくし包皮が包み込めないようにするものです。
手術は麻酔下で行われ痛みはありませんが、術後にうずくような痛みが生じる事がありますので鎮痛剤が施されます。

亀頭増大、クリニックでの費用はいくら?

亀頭増大術を考えたことはありますか?
亀頭が小さいことや、細いことを悩む方は少なくありません。
男性ならたくましいものに憧れることもありますよね。
クリニックで行う施術は亀頭部分にコラーゲンやヒアルロン酸などの薬剤を注入し、サイズを大きくし、効果は半年から1年くらいなので長期間もちます。
施術は10分程度で終り、日帰りで行うことができ、その後約1週間ほどで性行為が可能になります。
また、注入した成分は身体に吸収しても全く問題のない成分を使用しているので安全です。
メスを入れたりするわけではないので安全性が高く、術後も体に負担が少ないので密かに行っている方も多いのではないでしょうか。
効果は亀頭を大きくすることだけではなく、挿入時の感覚を鈍くさせることもあるので早漏防止にもつながります。
また、サイズアップしたことにより皮が被りにくくなるので、仮性包茎にも効果的です。
費用は何の薬剤を使用するか、または量によっても異なりますが、おおよそ6万円から12万円で行っているクリニックが多いようです。
ペニスにコンプレックスを持っている方はたくさんいることでしょう。悩んでいる場合はプロに相談してみるといいかもしれません。

亀頭増大手術を専門クリニックで受ける

男性の中には男性器にコンプレックスを持っている人も多く、専門クリニックで治療を受ける人もいます。
男性器の治療では包茎手術がよく知られていますが、最近は男性器をパワーアップする治療もあります。
治療には気軽に受けることができるヒアルロン酸注入やシリコンのボールを挿入する施術など様々な方法があり、医師と相談して治療方法を選択します。
男性器をパワーアップする手術は亀頭増大手術と呼ばれています。
亀頭増大手術には様々なメリットがあります。亀頭が増大した部分に包皮が引っかかることで包茎の再発防止になります。
シリコンボールやシリコンリングを挿入する亀頭増大手術は入院の必要がなく、20分程度で終了します。
陰茎部の皮下に医療用のシリコンでできたボールを挿入します。
シリコンボールのサイズや数、形状は相談できます。
さらにパワーアップしたい場合はシリコンリングもあります。
シリコンボールやシリコンリングを使うことで、性交渉の際にもメリットが期待できます。
手軽に男性器をパワーアップできる方法なので、興味を持つ男性が増えています。
施術内容について不明な点がある場合は、無料カウンセリングの際に医師が詳しく説明してくれます。

亀頭増大は若い人だけのものではない

近年需要が高まってきている亀頭増大のための施術ですが、実は若い人だけでなく中高年にも需要があることをご存じでしょうか。
中高生になると性行為の回数も少なくなるため、亀頭増大をする必要はないように感じるかもしれませんが、そうでもありません。
というのも、やはり性行為がなかったとしても男性は陰茎に対するコンプレックスを持つものです。
しかも、中高年になると経済的に安定している人も多いので、自分自身にお金をかけられるというのも中高年に亀頭増大を受ける人が多い理由のひとつです。
また、性行為の回数が減ったり、年齢による衰えによって陰茎や亀頭のサイズが小さくなってしまうことがあります。
すると、男性としての自信がなくなってしまい、どんどん性行為から遠ざかってしまうだけでなく、亀頭が小さくなることによって包茎となり、不衛生な状態にも繋がります。
また、衛生面だけでなく、包茎は多くの男性がコンプレックスを感じる症状です。
特に若い頃は亀頭が露出していたのに、加齢によって包茎になった中高年の方はショックが大きいはずです。
包茎をはじめとした陰茎のコンプレックスに対する治療は年々、一般化してきていることから、これからますます亀頭増大を希望する中高年は増えそうです。